F値について(絞り値、focal number)


F値とは、絞りの開き具合(光の取り込む穴の大きさ)を数値化したものです。絞り値ともいいます。

F値絞り光の入る量参考値シャッター速度ボケ問題
小さくする開く多い。明るい。開ける(F1.4、F2など)速いよくボケる焦点の合う範囲が狭いので注意。
ほどほどほどほど数段絞る(F5、F6.3など)ほどほどにピントが合う。一般にレンズの解像度の面では最高画質。
大きくする閉じるもっと絞る(F8など)全体的に焦点が合う。一般にレンズの解像度の面では最高画質。
大きすぎるピンホール少ない。暗い。絞る(F22を超えるぐらい)遅いボケにくい絞りすぎは回折現象により画質が落ちる。

開ければいいというものでもない。絞ればいいというものでもない。

「迷ったらF8」という言葉があります。一般に無難にきれいに撮れるのでしょう。

写真の明るさに関しては、F値(絞り)、シャッター速度、ISO感度の3つのパラメーターの調整。

  • F値を絞ると暗くなるから、シャッター速度を遅くするか、ISO感度を上げよう。
  • ISO感度を下げたいから、絞りは開けよう(たくさん光を取り込む)。それでも足りなかったらシャッター速度を遅くしよう(長時間光を取り込む)。
  • 動くものを撮るので、シャッター速度は速くしたい。F値は下げるか、ISO感度を上げるかしよう。

など。

F5 背景がぼける。シャッター速度は速くなる。ISO100固定。

絞り値 F5 の写真

F8

絞り値 F8 の写真

F13 ピントの合う範囲が広くなって、背景がぼけなくなっていく

絞り値 F13 の写真

F16

絞り値 F16 の写真

F18

絞り値 F18 の写真

F22 絞ってもこれくらいにまでにしておくのがよいらしい

絞り値 F22 の写真

F29 背景がぼけず、後ろの壁紙の模様もわかる。シャッター速度はとても遅くなる。回折現象で解像度が落ちる。

絞り値 F29 の写真